カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

金魚ざりがに

Author:金魚ざりがに
生まれは浪花っ子、人生の後半は道民。
気持ちは30代のおばちゃんの日常の記録です。

4回の引っ越しの後
2017年1月に待望の庭付きの新居が完成し、果樹や野菜やら家庭菜園を楽しんでます。その前は市民農園を借りていました。

なんちゃって投資家で大損をしないけど大儲けもできません。
夢はありますが、あせらずゆるりと続けていきたいです。

だんはんと2人の子供と4人家族です。何でもない毎日に日々感謝してます。

当ブログは予約投稿で実際と若干時差があります。
更新頻度は季節により差があります。

いらっしゃいませ
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント ありがとう♪
カテゴリ
リンク☆おともだち☆
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

株価&為替ボード
検索フォーム
FC2カウンター
最新トラックバック
RSSリンクの表示

おそるおそる・・・

おはようございます。

函館も暖かい日が続いています。

本日は最高気温12度最低5度。雨です。



先日昨年の秋に仕込んだ生ゴミの二次発酵用のコンテナをのぞいて見ました。


じゃん。

冬は雪下コンテナでした。

螳カ蠎ュ闖懷恍+154_convert_20120410165017

開けるのはとても勇気がいりますねぇ。

ムシがうじゃうじゃいたらどうしよ、臭かったらいやだなぁ・・

螳カ蠎ュ闖懷恍+155_convert_20120410164944

オープン

螳カ蠎ュ闖懷恍+147_convert_20120410140348

上にかけておいた新聞紙が一部分解されていました。

土のにおいがします 

螳カ蠎ュ闖懷恍+152_convert_20120410140039

おそるおそるスコップを入れて混ぜてみると・・

ふこふこでしたぁ

初めての生ゴミ発酵大成功 

まさに泥団子ができそうな土です。

うれしいすぎるぅ~



螳カ蠎ュ闖懷恍+148_convert_20120410140309



分解されずに残っていたのは、ツブ貝やチキンの骨やとうもろこしのしんや卵のカラなどでした。

あと葉っぱも一部残っていました。




今年の菜園で大活躍してくれたらいいなぁ。

ことしはエコな家庭菜園をめざします 



いつもごらんいただきありがとうございます。








にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

二次発酵

ご訪問ありがとうございます。

今回は生ごみの画像がでてきますので

お嫌な方はご注意ねがいます 

















さて生ごみの1次発酵から約1ヶ月たちました。

螳カ蠎ュ闖懷恍+153_convert_20111005093751

ふたを開けてみると、

ぬかづけのにおいがします。


〔バケツの中に 底にアナを空けたスーパーの袋を入れて、そこに生ごみを投入していました。

二次発酵などの作業が楽になります。〕


上の方に白いかたまりがありますが、

これはいいカビです。

1次発酵はどうやら成功したようです。



お酒好きな我が家は、枝豆のごみが多いですね 

他に変わったものといえば、

ツブ貝の殻も入れちゃいましたよ。


あとは手羽先の骨とか


卵の殻、主なのは野菜のくずです。



そして二次発酵にすすみます。


下にれんがをしいて、

その上に用意していた

アナを空けた衣装ケースをのせます。


螳カ蠎ュ闖懷恍+156_convert_20111005093546


3分の1ほど古土をいれます。


プランターごと熱湯消毒した土や、


螳カ蠎ュ闖懷恍+154_convert_20111005093710

8月にゴミ袋にいれて、


1ヶ月間日光消毒しておいた土を使います。



1次発酵済みの生ごみを投入しました。

螳カ蠎ュ闖懷恍+157_convert_20111005093512

二次発酵は好気性なので、

空気を含ませるように

土と混ぜ合わせました。


螳カ蠎ュ闖懷恍+158_convert_20111005093430

こんな感じになりました。




螳カ蠎ュ闖懷恍+155_convert_20111005093630

食べ物のニオイがするワン 








そして、

拾った落ち葉を少々いれました。

落ち葉を入れることによって、

空気を含みやすくするためです。


螳カ蠎ュ闖懷恍+159_convert_20111005093307


そして


上から黒土をかぶせます。


二次発酵には適度な水分が必要です。


今回は古土がある程度の水分を含んでいたので、


水はかけないことにします。


螳カ蠎ュ闖懷恍+160_convert_20111005093218


ここでぬかづけのにおいは


完全にしなくなりました。


作業中、ご近所さんが出入りするたび


どきどきしてましたよ 





上に新聞紙をふんわりかけて、


雨よけに


あなを空けておいた


ふたをしめて、


螳カ蠎ュ闖懷恍+162_convert_20111005093127

できあがりです。





二次発酵を成功させるのは難しいらしいです。

水分が多すぎると腐敗の原因になるし、

気温が高すぎると、

虫の温床になります。


ワタシは虫がいやなので、

秋に仕込むことにしました。


初めての生ごみ堆肥づくり


成功しますように 







にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村

二次発酵の準備

P1060636_convert_20110916144633.jpg

今日はプランター2つ分を熱湯で消毒しました。

このままお湯をかけただけです 

あと2週間ほどで生ごみの一次発酵が終わる予定なので、二次発酵の時に使う土を用意していきたいと思います。

この他に苗木屋さんで、土嚢袋につめ放題150円で買った黒土を使います。

土の量はだいたい生ごみの3倍以上用意したほうが失敗は少ないと思います。

クリアケース

二次発酵は好気性なので、上の衣装ケースにドリルで穴を開けて使います。

ふたに20箇所くらい、側面は5箇所づつ、底は20箇所くらいです。

この衣装ケースがいっぱいになるくらいまで、古土と一次発酵生ごみをサンドしていきたいと思います。

また随時報告します。



ブログランキングです。ぷちっとしていただけると嬉しいです  


にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村